あら瓦版 (大月たけひろ)

国民民主党 荒川区議会の活動について

【予特】荒川区のスタートアップ(起業)支援③

お元気ですか?荒川区議の大月です。少し、時間が経ちましたが、スタートアップです。

そこで、荒川区では起業に纏わる、創業支援(相談窓口・資金調達・事務所補助・育成アドバイス等)を実施しています。

創業の相談

起業はしたいと思っても「起業への道」とか言う本を読んでも、実務としてはピンとこないケースも多いかと思います。やはり経験豊富な人に話を聞きたくなると思います。荒川区としては創業・起業に関する手続きや事業計画の立て方、資金調達等の相談をフォーローする体制(なんと中小企業診断士)としています。また、経営・財務・人材育成・販路開拓に関するフォローもしているそうです。

起業したはいいけれど、すぐに廃業では厳しいです。ちなみに、起業から1年目の生存率は約95%、3年目は88%、5年後は81%となっております。この理由は、資金不足に陥ってしまう、財務関連の知識が乏しい、計画どおりに事業が進められない等々、となっております。

実際に事業を起業して存続させることは、口で言うのは簡単ですが、実行となるとなかなか困難です。 そこで、荒川区では、起業時だけでなく経営・財務・人材育成・販路開拓など支援を行い、融資など資金の支援なども行っております。

【今後の対応】 今は、創業企業の一番大変さは、企業経営で精一杯になり、相談にも行けなくなるのがよくあると思います。今後は、PM(区としての進捗管理)をつけて状況を把握することも重要と考えておりますので、設問等で区政に提案していこうと考えています。